【お気に入りリンク(HP)】に鱸釣職人会を追加しました。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        今年から《タイトル》を簡素化します・・・タイトル入れないと「エラー」で書けないからね(笑)                                    なるべく、本文に《》付けてソコをタイトル代わりに充てますけど・・・日記ならタイトル要らんとちゃう?                                                                S・F・R休戦中                                              

2006年06月16日

雰囲気と経験

今日は明るいうちはペンキ屋さんと各地徘徊&新規詮索 今押さえているトウゴロウスポットだけで甘んじてる程、うちらは優雅じゃない(笑) 産卵も、ポイント毎にサイクルとか量とか、色々結構違うし(こんだけ長い事やっても、学者じゃないんで完璧に把握はしていないからね(^^ゞ)

さて、暗くなった頃合いで、昨日のトコへ ・・・昨日の状況が嘘のように静か(^_^;) まぁ、ボイルは確認できたから支度してウェーディングしたけど・・・
06-6-16-0001.JPG06-6-16-0002.JPG
TKF130
06-6-16-0003.JPG06-6-16-0004.JPG
テリフDC‐T
ブツは40位と45位の確保だけ(^_^;) 反応は、バイトのみ2回+バラシ2回+ゲット2本 
満潮前から更に静けさが増し、満潮過ぎ、ルアーに卵が・・・
06-6-16-0005.JPG
あ〜、なるほど。俺的に納得(笑) この産卵の雰囲気で、ココで粘るのは厳しいかな(^_^;) 「どう違うよ?」言われても、こればっかりは説明しづらい。経験上の雰囲気だからね バラシ1追加で見切り

んでもって移動・・・1箇所目、気配無し!・・・2箇所目で、トウゴロウの状態とシーバスのボイル確認して、入水
1時までやって、3バラシのみ・・・とだけ書くと「移動はミスったのでは?」思われるだろうが、俺的に凄く重要な事掴んだんで、コッチではアブレだが納得の上がり

「何か、訳解らないよ?」思った方
↓クリック↓(^_^;)
人気blogランキングへ
百聞は一見に如かず・・・


posted by plover at 23:59| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | デュオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。