【お気に入りリンク(HP)】に鱸釣職人会を追加しました。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        今年から《タイトル》を簡素化します・・・タイトル入れないと「エラー」で書けないからね(笑)                                    なるべく、本文に《》付けてソコをタイトル代わりに充てますけど・・・日記ならタイトル要らんとちゃう?                                                                S・F・R休戦中                                              

2008年11月25日

あいのこ?

今日は、様子見釣行
暫く(シーバス)空けちゃったのもあるし、昨日の雨がどれだけ影響してるか見たかったんでね

仕事明け、そそくさと上がって、3ヶ所ほど巡回して、セレクト ・・・パッと見はいい感じだったんだけど、いざ支度して入水してみると、まぁ宜しくないのなんのって(笑) 濁りはど〜でもいいとして、地形が若干、ほんの僅か変わってしまったのがいただけない。 それでも一通り転戦して、状況を把握
一ヶ所だけ、若干地形が変わったおかげか、いいが出来ていた・・・端から干潮まで打つ気もなかったし、ココで止めよ思ってたらヒット♪
08-11-25-0001.jpg08-11-25-0002.JPG
ロデオクラフトバンズにて、45位ってトコかな(^^ゞ
まぁ、自分的には納得いってるし、価値ある1本だと思ってるよ ・・・っつうかさぁ、
08-11-25-0003.JPG
体高すげくね? 色艶もいいし、口小さいし、尾鰭太いし、背鰭の数少ないし・・・見惚れたのもあるけど、顎の下何度も確認しちゃったよ(笑) まぁ、コレが“ヒラ”だろうが“ハイブリット”だろうが、今の俺にはどうでもいい事なんだけどね
とりあえず、コイツ釣ったし、干潮1時間前でヤメ


ロッド/スミスBEX−88DWS
リール/ダイワイグジスト3000
ライン/ユニチカシルバースレッドSW−PE20lb
リーダー/「ナイロン20lb」5ヒロ+クレハシーガー4号」半ヒロ
posted by plover at 22:25| 千葉 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | その他アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
懐かしい魚だな・・・
78で6キロ超えとか、82で6キロとかあったもんだ。
口と目がでかくて、尾柄部が短くて太いんだ。
Posted by 料理長 at 2008年11月25日 23:00
料理長さん>度々のコメント、恐縮ですm(_ _)m
昔のDNAを引き継いだ者達が帰ってきた・・・かな? まぁ、昔と違って70・80にまで『育てる環境』ではありませんがね...
Posted by plover at 2008年11月25日 23:20
環境については全く同感。
もう釣りビジョンで紹介されちゃったから、終焉だね。
俺らの最盛期はもう伝説になっちゃったな(笑)
アベレージ80がキャストしないで流すだけで釣れたなんて、誰も信じないよ(笑)
魚については、ありゃあショートってやつなのかね?
クロダイでもそんなのがいるよ。3キロ超えるようなのでとてつもなくパワフルなヤツが。
Posted by 料理長 at 2008年11月25日 23:39
料理長さん>あの時代を知っていて、且つ○○ウェーディング現役という人は、年々減少の一途ですからね・・・まさに伝説ですわ(-.-;)
まぁ、あの時代を懐かしんだって、『絶対』帰ってこない訳だし、こちらが「ドコに楽しみや価値を見出すか」で現在を対処していくしか道はありませんがね...

魚体に関しては、色々諸説持論がありますからね・・・「〜だ!」との断言は避けときますわ(笑)
Posted by plover at 2008年11月25日 23:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110191060
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ルアーの特性について
Excerpt: シーバスの釣り方入門へようこそ! シーバスであっても人によってそのスタイルが異なるかと思います。 私は河川を中心としたウェーディングスタイルが好きです。 流れと潮を読んでポイントを絞り込んでいく。..
Weblog: シーバスの釣り方入門
Tracked: 2008-11-27 00:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。